が建てるゼロエネルギー住宅「おひさまの家」は、高断熱高気密住宅です。どんな暮らしができるの?と問われたら…

子育てしやすい家がいいけど、インテ リアにもこだわりたい。30歳からの家 づくりを提案する新世代の組合せ自 由な規格住宅です。

  • おひさまの家・新築・建替え

    「おひさまの家」プロバンス

  • 自然素材とお気に入りの家具がなじむ家
  • リフォーム・リノベーション

    枚方長尾 マンションリフォーム

TOP > 「おひさまの家」 > 「おひさまの家」6つの実感ポイントその2

壁床天井が一体化した、強固な箱型の「モノコック構造」と木造最高となる「壁倍率5倍」のSWパネルによる高耐震構造。
消防署など災害時の支援拠点となる建物の耐震性能に匹敵し、これまでの大きな災害でもほとんど被害がありません!
本当に安心できる構造です。

地震や台風など災害に強いスーパーウォール工法

木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネルをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。

一般住宅

柱や筋かいに大きな力が集中してかかる。

SW工法

壁面が一体となり、力が分散されるので地震に強い。0

構造用合板OSBによって、断熱材を両面からサンドイッチしたSW5倍パネル。
その強さは、建築基準法で木造最高となる「壁倍率5倍」の国土交通大臣認定を取得し、地震に強い住まいを実現します。

※実際の物件では、プランにより壁強度を考慮し、壁倍率5倍と2.5倍のSWパネルをバランスよく配置します。
※壁倍率5倍と2.5倍は、パネルの取付方法が異なり、パネル構造は同じです。
※上記5倍パネルは、東北以南対応商品です。(北海道仕様は2.5倍)

壁倍率とは、地震の横揺れに対する強度。数値が大きいほど強い壁を表します。
(壁倍率1倍は、軸組工法の柱間に90×15mmの木材を筋交いとして入れた場合の強度)

上の図で変形した面積(水色部分)が同じなら、右の壁は水平方向の外力に対して、左の壁の5倍の耐力を持っています。即ち「壁倍率5倍」ということになります。

スーパーウォールは一邸一邸の性能を測定し保証します

一棟ごとに機密測定を実施

どんなに断熱性能が高くても気 密性能が高くなければ省エネ・ 快適住宅にはなりません。
スーパーウォール工法住宅は、 一棟ごとに気密測定を実施し、 物の気密性

性能報告書を発行

スーパーウォール工法住宅の
気密断熱性能は、一棟ごとに
計算、測定を行い、「性能報告
書」をお客様にお渡しします。

性能報告書を発行

スーパーウォール工法住宅の
気密断熱性能は、一棟ごとに
計算、測定を行い、「性能報告
書」をお客様にお渡しします。

硬質ウレタンフォームで建物全体をすっぽり包み込み、気密施工することで、魔法瓶のように保温性にすぐれた高気密・高断熱の住まいを実現。外気の影響をうけにくいため、一年中快適な室内温度を保ちやすく、冷暖房のコストも抑えます。

スーパーウォールは一邸一邸の性能を測定し保証します

断熱性・気密性を上げると、上下の温度差、部屋間の温度差が少なくなり、快適で健康な家になります。

すぐれた高気密・高断熱が快適性を高めるポイントです。

SW工法は次世代省エネルギー基準適合住宅、木造住宅合理化システム認定を受けています。高気密・高断熱のため外気温の影響を受けにくく、冷暖房を止めた後の室内温度の変化がゆるやかなのが特徴。
少ないエネルギーでも快適な温度をより長時間保ちます。