が建てるゼロエネルギー住宅「おひさまの家」は、高断熱高気密住宅です。どんな暮らしができるの?と問われたら…

子育てしやすい家がいいけど、インテ リアにもこだわりたい。30歳からの家 づくりを提案する新世代の組合せ自 由な規格住宅です。

  • おひさまの家・新築・建替え

    サーファーズハウス

  • 「おひさまの家」プロバンス
  • リフォーム・リノベーション

    キッチンリフォーム

TOP > 「おひさまの家」 > 家族の健康は家で決まります

暖かい家は家族がイキイキ健康!

高性能な熱交換換気システムで、室温そのままで、空気がきれい!
カビの原因となる結露が発生を抑え、ホコリも少なくお掃除もラクなお家です。
断熱性能が高い家は、アレルギー症状、気管支ぜんそくの改善効果もあるんです。
おひさまの家はお子さまにも安心な住宅です。

住む人に健康をもたらす「おひさまの家」

新しい家に住んで健康になったって本当?

転居前と転居後で、健康状態の変化を調査した結果、断熱性の高い住宅に住み替えた人のほうが、健康になった割合が多いことがわかりました。

調査:近畿大学 岩前研究室

脳梗塞は要介護への原因となり成人男性に多い病気ですが、そのための介護に費やす費用や治療費は高額です。

※介護保険の限度額 269,310円

※脳梗塞の平均入院日数 男性85日 女性125日

脳梗塞が起きやすいのは高齢者です。また男性に多いのですが、他の危険因子である高血圧、糖尿病、脂質異常症などは、いずれもいわゆる生活習慣に関係したものであり、生活する住まいの影響も少なくありません。